バンコクに訪れる前は健康診断を受けましょう。

タイの首都であるバンコクには、日系企業が多く支社を構えている関係で日本人が多く居住しています。世界的な観光名所も数多く存在しているため居住している方のみならず、日本から多くの観光客が訪れます。居住している日本人と日本から観光で訪れる方どちらにも共通していることはバンコクで健康診断で受けられるということです。アジアの新興国の中でタイという国は医療のレベルがとても高いことで知られています。

ところが、タイ国内では日本においては感染する機会が極めて少ないマラニアなどに感染してしまうリスクが高いです。そのため、バンコクに訪れる予定がある場合には健康診断を受診し現在の健康を調べ必要があれば予防接種を受けるようにしてください。予防接種は訪れる前の4週間から6週間以内に行うことが決められています。仮に直前に予防接種を受けたとしてもワクチンが体内で安定した状態になっていないため確実な効果が得られないのです。

健康診断を受けて予防接種を受けるのはマラニアのみならず狂犬病やB型肺炎、A型肺炎の危険性もあるためです。タイにおいては、とても高い感染病の一つとされているため適切なワクチン接種を受けておくことで高い確率で予防することが可能です。居住者に比べ実態が理解できていない旅行者向けに旅行会社が案内を提示している場合もあるので旅行で訪れることが決まり次第すぐにチェックするようにしてください。また、潜伏期間が長いのですぐに症状が出てこないという特徴も覚えておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です