煙草を吸うことが出来る部屋でもある喫煙室

煙草の値段が上がった事などから煙草を止める人が多くなっていますが、それでも煙草を止める事が出来ない、もしくは煙草が好きと言う愛煙家は多いものです。自宅で煙草を吸う時など、部屋の中で喫煙をする人もいれば、家族に嫌がられるためベランダや換気扇の下などで喫煙を行う人もいます。自宅では、場所を考えれば喫煙は可能になりますが、一歩外に出る事で歩き煙草が禁止されているエリアなどもあり、喫煙所や喫煙室が設けられているお店でなければ煙草を吸う事が難しい時代になっています。喫煙室と言うのは、宿泊施設にも設けられているものでもあり、禁煙室と喫煙室と言った具合に2つの部屋を用意している宿泊施設も多くなっています。

煙草を吸いたい人は、喫煙が可能な喫煙室を選び、煙草を吸わない人は禁煙の部屋を選べると言うと言ったメリットを持ちます。しかし、喫煙が出来る部屋と言うのは、部屋に入った瞬間、煙草の嫌な臭いが部屋の中を漂っているケースが多く在りますし、室内に取り付けられているエアコンを入れる事で、吹き出し口から煙草のニコチンなどの臭いが漂うと言うケースも多く、喫煙をしない人だけではなく、喫煙者でも嫌な臭いとなって現われてくるのです。しかしながら、喫煙者は不思議なもので、嫌な臭いがしていても、自分が煙草を吸う事で嫌な臭いを忘れてしまう性質を持つのです。逆に、喫煙をしない人にとって、この臭いは耐え難いものとなることからも、宿泊施設では喫煙室と禁煙の部屋を設けているケースが多くあるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です