ファミリーレストランなどのお店の分煙機

ファミリーレストランに出かける人は多いものです。普通のレストランとは違って、リーズナブルな料金で気軽に料理を楽しめるのがファミリーレストランの魅力でもあるのです。ファミリーレストランは、子供も親に連れられて訪れる事からも、店内は禁煙になっているケースが多くあります。また、禁煙席と喫煙席が分けられているお店が有りますが、分けられていると言っても、仕切りがあるだけで店内には煙が流れてくるような感じになっているのです。

喫煙席には分煙機が取り付けられていて、喫煙者が吐き出した煙や灰皿に置いてある煙草から立ち上る煙などを分煙機が吸い込んでくれるので、喫煙席から禁煙席へ流れる煙の量を減らすことが出来ます。また、全席禁煙になっているファミリーレストランの場合でも、分煙機が取り付けられているのです。これはお店の中に作られた喫煙所の室内に設置されている分煙機で、喫煙者が喫煙所内で喫煙をする事で煙が充満するのを防止していると言う事です。受動喫煙と言う言葉を耳にしたり、意味を知っている人は多いものです。

受動喫煙は、他の人が吐き出した煙を吸い込む事で、喫煙をしない人も喫煙をしているのと同じ害をもたらしてしまうと言うものです。これは喫煙所の中などでも起こり得る話であり、他の人が吐き出した煙を、自分が吸い込んでしまう事で、自分が吸っている煙と他の人の煙を吸い込むリスクが生じます。しかし、分煙機が在る事でこのリスクを抑えることが出来ると言う事なのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です