嫌煙家にも愛煙家にも「喫煙室」は必要です

愛煙家にとって喫煙場所が少なくなったことは、少々肩身が狭いのではないでしょうか。昔のように、どこでも喫煙できる時代ではなくなり「空気を汚さない」「嫌煙者や子供を守る」ことはとても良いことです。そうかといって、外出先に全く喫煙場所がなくなるということは、禁煙場所でも喫煙する人がでてくる可能性があります。そのためには、格付け基準で高い評価を得ている喫煙室を設置することは必要なのです。

喫煙者がいなくなることは理想的ですが、たばこが販売されている限り、喫煙者がゼロになることはありません。最近では、病院はもちろん、デパートや大型スーパーなどでも敷地内全体が禁煙になっているところが多いため、そこから出てきたときに『ほっ』とする場所を求める人もまだまだ多いのです。喫煙室といっても、屋内では排気装置による排気が十分なもの、非喫煙場所へのタバコ煙の流れを完全にシャットアウトするものでなければ意味がありません。設置する側にとっては費用のかかることではありますが、排気装置が十分でない喫煙室ならないほうが良いし、排気が十分で煙が漏れない喫煙室なら、嫌煙家の方々にも認めてもらうことができるのではないでしょうか。

屋外でも、コンビニなど灰皿を置いてあるところでのみ喫煙をするなど、きちんとマナーを守っている人が多い中、ときにはマナー違反によりひとに迷惑をかける歩きたばこや、ポイ捨てなどは許しがたいものです。けれども、喫煙室や喫煙所がなくなってしまうと、こういった迷惑行為が増えてくることも懸念されます。元来日本人は、マナーを守ることに優れている常識人なのです。マナー違反にはそれなりの罰則をつくることで、より住みよい街になっていることが証明されているのです。

離煙パイプのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です